予防接種Q&A

  • HOME
  • 予防接種Q&A
<!–

診療案内

–>

予防接種Q&A

Q.病気にかかってからどれぐらい期間を空ければよいでしょうか?
A.予防接種を受けられる1ヶ月前以内に入院されていたり、麻疹、肺炎といった重たい疾患にかかっていたりした場合は、4週間以上の間隔を開けるのがよいでしょう。
また、風邪の場合は一概にはいえませんが、38度を超える発熱があったら、その後1週間程度開けたほうがよいでしょう。
予防接種を希望される場合は一度、医師にご相談されることおすすめします。
Q.アレルギー体質の場合はどうすればよいでしょうか?
A.最近のワクチンは抗原となる物質を除去して製造されてきており、比較的副反応が少なくなってきています。
しかし現在のところ麻疹とインフルエンザワクチンについては、卵アレルギーのお子様には接種できない場合があります。
アトピー性皮膚炎等で卵の摂取を医師から止められている場合は、ご相談ください。
Q.任意のワクチンは受けたほうがよいのでしょうか?
A.流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、インフルエンザのワクチンは自費で受けるようになっています。
流行性耳下腺炎では、自然感染に際し髄膜炎を併発したり、難治性難聴になったりする可能性があるため、こうした任意のワクチンも接種しておくことをおすすめします。
特にインフルエンザは、最近ワクチンを軽視する傾向があるようですが、基本はやはりワクチンによる予防です。
いつ、どんな病気(ウイルス)に感染するかは分かりません。
ワクチンを接種し、備えることが今のところ良い予防策といえます。